旅する餃子

Feature

2024.03.23

中国なのかメソポタミアなのか、発祥の地が諸説ある餃子は世界中にその亜種があり、人々に愛されている。
そんな餃子を、各国風にアレンジしながら旅する気分で食する企画。
第1回目はフランス編。

コロナ禍のなかから、
餃子の旅がスタートした。

起源が紀元前3000年といわれている餃子。小麦粉で具を包んで加熱した食べ物がメソポタミア文明の遺跡から見つかっているという。そんな餃子に興味をもったのが料理家の松井まり子。
中国のシャオズ、インドのサモサ、イタリアのラビオリ、メキシコのエンパナーダ、ロシアのペリメニなどなど、世界各国にはたくさんの餃子の子どもたちがいる。これは面白いぞ、というわけで、松井の好奇心と空想力がムクムクとわき起こり、世界各国の餃子をアレンジしたり創造したりしながら、旅する気分で味わうキュイジーヌをつくってみるか、ということになった。
そもそもの発端はコロナ禍で外出制限がかかっていたときだった。お菓子づくりで不安を解消するアングサエティ・ベーキングにはまった松井は、粉をこねながら餃子づくりに挑戦。その奥の深さに気づいた。そこから、前述のように餃子の歴史から世界の分布状況まで勉強し、「旅する餃子」というシリーズをつくることになった。

Dumplings, with origins dating back to 3000 BCE, have been a staple since the days of the Mesopotamian civilization, where evidence of wheat-wrapped and cooked ingredients was found. Culinary expert Mariko Matsui, fascinated by dumplings, noticed their global presence: China’s xiao long bao, India’s samosa, Italy’s ravioli, Mexico’s empanada, Russia’s pelmeni, and more.
Inspired by the interesting variety and driven by curiosity and imagination, Matsui embarked on creating and tasting cuisines that reimagine dumplings from around the world, all while enjoying the essence of travel from home.
The idea originated during lockdowns when Matsui, who found solace in anxiety baking, ventured into making dumplings and discovered their complexity. This led her to study the history and distribution of dumplings, resulting in the “Traveling Dumplings” series—introducing a taste that transcends borders, both familiar and novel.
“The Traveling Dumplings” series kicks off with the French edition: “Duck and Orange French Dumplings.” Inspired by French culture and cuisine, Matsui envisioned what it would be like if the French crafted dumplings—

知っているのに、知らない、国境を越えた美味しさ。

「旅する餃子」の第1回目はフランス編 “鴨とオレンジのフレンチ餃子” 。これは、松井がフランスの暮らしを想い、食を調べ、ときにはフランス人になりきって考案したもの。
〜もし、フランス人が餃子をつくったら〜。餃子の皮にオレンジマーマレードを練り込むかもしれない。するとオレンジピールのほのかな苦みと爽やかな甘さがあとをひく。餡にはフランスらしく鴨肉、そして鶏肉。そこに玉ねぎ、マッシュルーム、エリンギ、さらに香り高いハーブのディルを加える。食べるときは醤油ベースに、やっぱりここにもマーマレードをプラス。 〜Bon appétit〜
なるほど、マーマレードが餃子を知らない場所へ連れて行った感じだ。知っているけど、知らない、不思議な味。いつもの餃子と同じなのは、ぱくぱく食べられ、ビールがすすむこと。いや、美味しい!
世界三大料理のひとつ、フランス料理を生んだ国からスタートした「旅する餃子」。この先が楽しみだ。

perhaps incorporating orange marmalade into the dumpling wrappers for a subtle bitterness and refreshing sweetness. The filling features duck, quintessentially French, and chicken, with onions, common button and eryngii mushrooms, and aromatic dill. For dipping, a soy sauce base with, naturally, more marmalade. Bon appétit!
Indeed, the marmalade takes the dumpling to uncharted territory—a familiar yet mysteriously new flavor. The constant? They’re as devourable as ever, perfectly complementing a beer. Delicious!
Launching with France, a nation that gave birth to one of the world’s three great cuisines, “Traveling Dumplings”promises an exciting journey ahead.

料理家

松井まり子 (Mariko Matsui)

株式会社De-De
Senior Art Director/Graphic Designer/Foods Stylist
アートディレクター、フードスタイリストとして活動する傍ら2024年にはDe-De GYOZAもスタート。
Instagram : marikomog
web : http://de-de.co